無料ブログはココログ

2018年9月15日 (土)

奥只見・銀の道

2018年9月12日(水)~14日(金)

古道歩き/奥只見・銀の道

Ginroad01_2 「銀の道」とは、江戸時代に只見川の上流で発見された上田銀山・白峰銀山などの銀を運び出した、銀山平~明神峠(枝折峠)~駒ノ湯の約12Kmの道です。
 当時は代官・採掘師・商人・遊女などがこの地に入り大いに賑わったようで、またそれより五百年ほども前の平安末期、尾瀬三郎こと藤原頼国が平清盛との恋の争いに敗れて都を追われ、枝折峠を越えてこの地に入り、さらにさかのぼって尾瀬ヶ原を見つけ、開祖となったという伝説のある古道です。
 新潟県のHPでも紹介されていて、エアリGinroad02_2 アマップにも実線で「昔の生活道。今も立派な道」とコメントが書かれています。
 が、実はこの案内には少し問題があるのでは無いかと思いました。
 日本の環境行政の問題点でもあるのでしょうが、道を整備するのは良いのですが、その後の整備にほとんどお金をかけません。新潟県のHPの写真は2014年時のようですが、2018年現在は標識は倒れていたり草の中に埋まっています。
 道も、草が被さって道型がわかりにくくなっている場所が多く、豪雪地ですから、雪のため崩れたザラ場や岩が露出して滑りやすく、Ginroad03_2 道が狭まり傾いている箇所が度々出てきます。良い道になったと安心しても、すぐ又出てくるのでかえって危険です。写真が無いのは安全確保を優先した結果です。
 もちろん倒木もそのままです。特に湯ノ谷側10合目から7合目辺りまでが要注意でした。山慣れない人が入ったら結構怖いのでは無いかと思います。
 今の季節は一番何も無くて、静かな山を淡々と歩くのみで、わずかに可愛いキノコが心和ませてくれるぐらいですが、実際ぶな林は美しく、越後駒ヶ岳から中岳や浅草岳から鬼が面山、守門岳、未丈が岳の雄姿。紅葉Ginroad04_2 や春の花も期待できる素晴らしいコースだと思うので、是非整備にもう少し気を遣って欲しいなと思う次第です。
 到着次第「道はどうでしたか?」と聞いてきた駒ノ湯のご主人の話では、生活道路も崩れるところが多く、なかなか登山道まで追いつかないという事情もあるようです。
 このようなことは他の場所でも良くあることです。あまりポピュラーでは無いコースに行かれる方は、HPや主観的な記事が多いブログ、ガイドブックからの情報だけでは無く、必ず現地に連絡を取り、現状を確認してからお出かけになるように、心がけていただくGinroad05_2 ことをお薦めします。
 銀山温泉の湖山荘、ランプの宿の駒ノ湯山荘ともに温泉はぬる湯でゆっくり、湖山荘の「みゆき鱒のお造り」、駒ノ湯の「牛肉の和え物」、塩焼き、揚げ物は暖かいままと、食事も美味しくとても良い宿でした。

Ginroad06_2Ginroad09

Ginroad08


Ginroad10_2

Ginroad11

Ginroad12

Ginroad13

Ginroad14

Ginroad15









2018年9月 7日 (金)

いつか行ったあの山へ/奥武蔵・笠山

2018年9月6日(木)
Kasa01 台風を避け一日遅らせて笠山へ行ってきました。
台風一過とまでは行かなかったけどそこそこの天気でした。
SG企画ですから、白石車庫からの方が標高差が少なくなるのでバスは終点まで。
歩き始めてすぐ堂平山方面を右に分けて直接笠山に向かいます。
 山道に入るとすぐ、台風の痕跡か道に枯れ枝が沢山落ちています。足を引っかけないように掃除しながらゆっくりと補を進めます。
昔は無かった林道を越えさらにもう一本。               ダート道ですが自動車が通過していきました。
Kasa02 Kasa04Kasa05 残念ながら下界はガスの中で展望が無い笠山山頂で早めのお昼の後、笠山神社往復。「こんなだったかしら」と昔話が弾みます。
下りは萩平へ。登りも下りも花はキバナアキギリとホトトギスが少し。雨上がりでいろんなKasa03 キノコが出ていました。
縦走路では何人か七峰縦走のトレーニングだと言う人と出会いましたが、こちらは笠山一峰だけ。のんびり歩く思い出の山行でした。
バスの時間を見間違えて少し早めに歩いた最後の舗装道路が一番きつかったかもしれません。
Dc090701  

2018年8月30日 (木)

南小谷・大渚山

2018年8月24日(金)~25日(土)
Onagi01  台風の影響であずさ3号が運休。すったもんだで大変でしたが、幸運にも全員集合に成功。
レンタカーで鎌池に向かいました。
 ひっそりとした鎌池、黒豆の木の実も少し失敬!
 山田旅館の温泉を楽しんだ翌日の朝、目が覚めたときには土砂降りの雨。どうなることかと心配しましたが、職位の頃には上がって、一瞬陽も差しました。
 大渚山へ登り始め、ふと振り返ると雨飾山がそびえ立っていました。
Onagi02  残念ながら北アルプスは雲の中、雲の動きはとても速く、山頂で食事をとっている間にも雨飾山は顔を出したり引っ込めたりしていました。
Onagi04  駐車場に戻り、着替えなど下山の準備をととのえイザ出発と言うとき、ポツリと雨が降ってきて、その後猛烈な降りになりました。
 登山道が旧で滑りやすかった事もあり山で雨に遭わなくて良かったとホッとしました。
Onagi05 Onagi06  台風の間隙を縫った山行でした。

猿橋・甲引山から猿橋城山

2018年8月27日(月)
Kou01 今回のちょっと横から山登りは猿橋の甲引山。山頂にある正八幡神社は、祭神が応神天皇。新羅出兵の時の天皇の勅書と軍旗が宝として懊悩されていて、12年に一度戌年の大祭の時ご開帳とのこと。ちょうど今年が戌年で、5月には周辺の集落それぞれが神輿を背負い挙げるたいそうなお祭りだそうです。
  •  こういう山は入口を見つけるのが難しKou2 く、うろうろしていると通りがかった地元の人たちが、気さくに声をかけてきて道を教えてくれます。
 神社から先は、ほとんど歩かれていない道、急な凸凹が連続します。展望は木々の間から時々望める程度。自分で企画しておきながKou3 ら何でこの夏に!
 最後のピーク猿橋城山からは、道がしっかりしてくると資料にはありましたが、とんでもない。転げ落ちるような急坂(岩場と行ったほうが良いかも)。
 慎重に下っていって、ホッとしたところでもう舗装路に出ました。
 このくそ暑い時にこんな企画につきあって下さったお二人に感謝です。
Kou4Kou5Kou6

2018年8月22日 (水)

焼山沢から美ヶ原

2018年8月20日(月)
02 上田駅からタクシーで武石観光センター先の登山口へ。
ここから焼山沢沿いに美ヶ原までのトレッキングです。作業道から山道へ、ゆっくり歩いて1時間半ほどで焼山の滝に到着。ここでお昼御飯です。
特には危ないところは少なく、沢の音を聞きながらフィトンチッド一杯の気持ちの良い道なのですが、ここから30分ほど、標高1560mから1700m位までの間は、急な斜面の細いトラバース道が続き、丁寧に歩く必要があります。私たちはゆっくり慎重だから1時間ほどかかりました。
この先は傾斜も緩み、緑の樹林帯が続きます。美ヶ原の草原に出たときは、残念ながら天候が悪くなり、展望が余りききません。何となく嫌な雲も見えてきて、その下に荒船山が見えるぐらいでした。
なんと雨には遭わず山本小屋に入り、タクシーを待ちます。松本駅直前で突然の豪雨に遭いびっくりが最後のおまけです。
 本当に残念だったのは、期待していたお花はほ04とんどだめで、アキノキリンソウ、ハクサンフウロ程度。ツクバネソウの種が綺麗に羽子板の羽根になっていました。焼山の滝の所にあったのは、Iさんご指摘の通りクロクモソウでした。
0503Dc082201  

2018年8月11日 (土)

富士山麓大平山

2018年8月10日(水) 0808ohira1  8日の予定を台風で変更割いた今日は富士山麓山名湖畔の大平山。雄大な富士山の展望と、夏の山野草狙いで出かけましたが、富士山は見えませんでした。
0808ohira2  でも、緑の中にはっきりフシグロセンノウのオレンジ、くっきりカワラナデシコのピンクが映えて眼を楽しませてくれました。そのほかにもホタルブクロ、ヌスビトハギ、ボタンヅルなど楽しめました。
 とんとん拍子にバスから乗り継いで、富士急行線に乗って寿駅に着いたとき、突然しい雨が降ってきました。ホンの少しの間で濡れなくて良かったネがおまけでした。 0808ohira3

2018年8月 6日 (月)

久しぶりのライブ観賞

8月5日 Dc080601 昨晩、女性ヴォーカルトリオ・アマゾンズのライブを、横浜赤煉瓦倉庫のオーシャンブルーに見に行きました。
 メンバーの一人大滝祐子さん(写真の向かって左)は、私が渡辺音楽出版株式会社時代、ディレクターとしてデビューに関わったアーティストで、当時16才、その年令では考えられない歌唱力を持った可愛いお嬢さんでした。  ご存じのように、その後私は音楽とまったく離れた仕事をするようになり、14~5年前に会ったきりでしたが、今回突然見に行きました。 
 アマゾンズは、大人の雰囲気の素敵なハーモニーにビートのきいた音楽と踊り。楽しい1時間半はあっという間に過ぎました。
 こういうグループがもっともっと活躍して欲しいと、一ファンとして応援しています。
Dc080603

2018年7月29日 (日)

八甲田山麓

2018年7月27日(金)~29日(土)

Hakko01  苦労されている西日本の方には申し訳ない気持ちですが、八甲田は好天に恵まれました。初日は八甲田山、


Hakko02

登山当日はお岩木山が綺麗に見えていました。

 でも、酷暑の影響か、酸ヶ湯からの山道にはいつももより花がHakko03 少なく、仙人岱あたりからキンコウカ、大岳の麓に来てやっとチングルマなどの群生が見られました。

 山頂間近、急に帽子も飛ばされるような風Hakko04 が強くなり、雨粒も飛んできましたが、その程度で済み無事下山。

 蔦温泉に泊った後の4時起きの早朝、清々しい空気を求めて池Hakko05 巡りに出発したところ、気温、湿度ともに高くまるでサウナの中を歩るいているような汗まみれで一周して戻って来ました。

 戻って朝風呂に入つHakko06 たらもう最後、本日の赤沼~丸森山トレッキングは取り止め。そのまま、帰京という事になりました。 

 強風はまだ続いていて、八甲田ロープウェHakko07 イは動いていず、登山を諦めた高齢のグループも見かけました。

 

これらも、これらも、台Hakko08 風の影響だったのでしょうか?






Hakko09

2018年7月25日 (水)

桑西からハマイバ丸ちょっと横から山歩き

20108年7月23日(月)
Hamaiba01 桑西~ジョーロザス沢~鹿鳴滝~ハマイバ丸~大倉高丸~湯ノ沢峠

 5、6年前から密かに人気がある「ちょっと横から山登り」企画。すごく普通だったり有名な山に、少しひねったルートから登ろうというセミバリエーションもしくはプチ昌険の企画です。

Hamaiba02
 ちょい横登山のルートは、行ってみたら意外に人が入っていて簡単に登れてしまうか、その後ほとんど歩かれていなくて、道の崩壊や藪のため、とても苦労するかの両極端になります。ですから、良い子の皆さんは.まねをしていけない山登りです。

はたして今回はどちらになるのでしょうか?

 テニスコート脇の林道を辿り、歩きやすい道が続いていたのですが、沢沿いにしばらく行くと、突然細くなったと思ったら道が崩壊していて、進めません。その先にはまだ道が続いHamaiba03_2ています。
 これから先がなかなか大変! ロープを出して登り降り。道を確かめながら鹿鳴ノ滝に着いたのは良いものの、左岸は急峻な崖ばかり。文字通り手のつけようが無い状態で、資料にあった取り付き道は見当たりません。
 やっと見つけたかすかな踏み跡。ここでロープをフィックスして、急斜面をトラバー ス。支尾根に乗ってホッと一安心。

 さらにこれから先に.ちょい横お定まりの急斜面直登が始まります。この日もかなりの高気温だったので、ゆっくり休み休み歩を進め、小金沢連嶺.縦走路に出ました。。
 あとは.Hamaiba04ハマイバから花と展望と楽しみながら大倉高丸を怪てのそぞろ歩きで湯之沢峠まで到着しました。

 いつもは、もっと写真を撮るのですが、今回のような場合は安全第一。だから迫力のある核心部の写真は撮れませんでした。
Hamaiba05_2Hamaiba06_2

2018年7月22日 (日)

九州・開門岳

2018年7月17日(火)~19日(木)
01 一日目は、鹿児島空港からレンタカーをチャーターして、日本最南端の駅、指宿枕崎線西大山駅に向かいます。ここはひまわりを前景に開門岳を撮る人気撮影スポット。 記念撮影。
03
開門カレーを食べている間に一日に7本しか02_2らない列車がやってきました。ひまわりは外れましたがそれなりに?
04
05
 二日目は開聞岳登山。猛烈な暑さの中、朝6時に」出発。熱中症を避けるため30分に一回休んで、お昼前に山頂と到着。
06
 なんと、あの末淸さんが開門岳で百名山完登とのこと、100のポーズで記念撮影。判りますか?
07
トータル9時間半で往復し1週間分くら いの汗を出して下山。ホテルに戻り部屋の入る前のラウンジで生ビールでした。
08
 指宿砂むし温泉白水館の本日の夕食はイタリアンレストラン。デザートの時チョコレートでお祝いしてくれました。
09
 三日目。小さな山に登って帰京の予定でしたが前日の登山で満腹になって、桜島観光ドライブに切り替える事になりました。途中、知覧平和会館などにも寄って、桜島方面へ。
10
昼食はブリの養殖で有名な牛根の道の駅でとりました。今、鹿児島はせごどん一色で、ここのお薦めランチも「せごどんどん(西郷丼)」
 山川の鰹節、知覧の知覧茶、福山の桷志田黒酢のど、ご当地ならではのお土産を買い込んで、帰京となりました。

«旧中山道から旧碓氷峠

最近の写真

  • Ginroad15
  • Ginroad14
  • Ginroad08
  • Ginroad10_2
  • Ginroad10
  • Ginroad09
  • Ginroad06_2
  • Ginroad13
  • Ginroad12
  • Ginroad11
  • Ginroad05_2
  • Ginroad02_2